<< ランドセル | main | 願う >>

置き勉

前回、ランドセルを買ってきたっていうのを書きました。
調度タイムリーな話題があったのでランドセルネタでいってみます。


文部科学省は子供達のランドセルが重過ぎるという意見を踏まえて、宿題で使わない教科書などは教室に置いて帰ることを認めるよう、全国の教育委員会に対して求める方針だそうです。

たしかにねー。
我が家の4年生のいっちゃんも結構重たそうに担いでるもんなぁ。
いくらランドセル自体は軽くて丈夫とはいっても、それを背負う子供達はまだ小さいですからね。

我が家は幸い学校まで2〜3分だからそんなでもないけど、家が遠いと登下校に片道30分とかかかる子もいるわけです。
聞けば仰向けに倒れないように前傾姿勢になって歩いてる子もいるみたい。
姿勢も悪くなるし、身体に本来ならいらない負担がかかってるだろうね。

文科省もようやく動いてくれたかと安堵する親御さんも多いんじゃないかな in 2018。


そう考えると俺と同学年の男子は時代を先取りしてたのかなー、と。
基本、登下校時のランドセルは空でしたからね!
教科書やノートを教室の机の中に置いて帰る、いわゆる置き勉ですか。
今年、2018年に文科省が動くはるか以前、1985年とかそのあたりですでに置き勉してましたからね!
それも誰に言われるでもなく自発的に!

宿題で使おうが使わまいが、全教科の教科書とノート、ついでにいえば筆記用具だって、常に教室の引き出しの中にありましたから。
おかけで授業が始まる時になって国語の教科書を家に忘れてきたとか、社会のノートを忘れてきたとか、そういうのはなかったように思う。

そのかわり宿題はアレでしたけど…(´・ω・`)
宿題とかどーしてたんだろう。
全然覚えてないわ。


まぁなんですか。
小学生のいらない負担を軽減できるかもしれない今回の通達には、大いに賛成ですな。

at 22:45, タカ, 日記

comments(1), -, - -

スポンサーサイト

at 22:45, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
mr2, 2018/09/04 7:31 PM

 スポーツ選手になるなら、足腰は鍛えれれるかも? ^^;

 子供の頃は学校の裏が自宅だったので、ランドセルの重さも忘れ物も怖いモノ無しでした!

         v(^^;)v 〜♪