<< なかなかねー | main | マスク >>

得意

今日の夕方、保育園から帰って来たたっくんと遊んでて俺がサッカーボールでリフティングをして見せたのね。
俺はサンダルだったし、ボールも公式球より一回り小さいやつでしたが、それでも十数回くらいはできました。
そしたらたっくんが

 「とーちゃんすげー( ゚∀゚)」

ちょっと嬉しい。
こんなんで喜んでくれるなんて。

他にも自転車に乗ってて、勢いをつけて自転車の上に立つわけです。
片足はシート、もう片足はハンドルってな具合に。
もうたっくんからの羨望の眼差しですよ!

 「とーちゃん何でそんなことできんの( ゚∀゚)!?」

って。
ゲームでもそう。
たっくんが何度やってもできないコースを俺がサラッとクリアすると、

 「えー!」

って。

リフティングも普通じゃない自転車の乗り方もゲームも、正直生きていく上で全く必要ではありません。
必要ではありませんが、こうやってたっくんが感嘆の声を上げてくれるんだから無駄ではないのです。

そうさ、決して無駄なんかじゃないんですよ。
たぶん。
おそらく。
きっと。
そうであってほしい。
マジで!

まーね、できなくても誰も困らないような事ばっかり得意なわけですけども。
ははは!

at 23:00, タカ, 日記

comments(2), -, - -

スポンサーサイト

at 23:00, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
nico, 2018/11/09 10:12 PM

まったく無駄じゃないよ〜〜
やっぱり子供にとって、「お父さん、かっこいい!」
って思われることって大事だと思うわ〜!

タカさんがお父さんって、すごく楽しいと思う^^

mr2, 2018/11/09 11:18 PM

 もう何年もボールに触っていないので、数回しか出来ません。(−−;)

 何気ない行動でも、子供にとっては憧れるんでしょうねぇ。

 良き親子関係ですね!

           v(^^)v 〜♪